011-391-4470
2022.05.30
☆子宮頸がんワクチンのお知らせ

ヒトパピローマウイルス感染症とは ~ ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性的接触のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ多くの病気の発生に関わっています。特に若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。
HPV感染症を防ぐワクチン(HPVワクチン)は、小学校6年生から高校1年生の女子を対象に定期接種が行われています。
*HPVワクチンは、平成25(2013)年6月から積極的な勧奨を一時的に差し控えていましたが、令和3(2011)年11月に専門家の評価により「HPVワクチンの積極的勧奨を差し控えている状態を終了させることが妥当」とされ、原則令和4年4月から、他の予防接種と同様に、個別の勧奨を行うこととなりました。(厚生労働省HP参照)

☆当院では、以前より小学6年生から高校1年生の女の子を対象に子宮頸がんのワクチンを実施しております。また、上記以外の方で、平成9年4月2日~平成18年4月1日までにお生まれの女性はキャッチアップ接種対象になります。*過去にHPVワクチンを3回接種されている方は対象外です。このほか、平成18年4月2日~平成20年4月1日までにお生まれの女性は通常の対象年齢(小学校6年から高校1年生)を超えても令和7年3月31日までは無料で接種して頂けます。ご予約は窓口またはお電話で受け付けておりますので、ご希望の方はご連絡下さい。(対象の方には各市町村より令和4年6月中にご案内や予診票等が送付される予定です。)

※過去にHPVワクチンを1回又は2回接種後、長期にわたり接種を中断していた方は、接種をやり直すのではなく、残りの回数を接種します。なお、HPVワクチンは、原則、同一種類のワクチンを用いて3回接種することとなっています。(当院ではガーダシル4価を接種しています)

※現在、日本ではシルガード(9価)ワクチンも予防接種として認可されておりますが、定期接種の対象ではありません。今後、定期接種の対象とするか厚生労働省の審議会で検討中です。

医療法人社団 颯樹会
よしなりこどもクリニック
〒067-0061
江別市上江別東町44-17
FAX/011-391-4471
経路確認
経路確認
LINE 予約